早期治療で眼瞼下垂を治す|クリニックで診断してもらう

切らないアンチエイジング

女性たち

目の下のたるみは、切らなくても治ります。たるんでいる部分に自分自身の脂肪やコラーゲンを注入すると、肌が若返ってたるみやシワが改善されます。切らないので失敗するリスクがなく、副作用などの心配もない治療です。

しわ取り以外にも効果あり

注射する女性

ヒアルロン酸注射でクマを取る場合には、しわ取りよりもずっと高度な技術が必要になるため、医師の選択は慎重にしてください。ヒアルロン酸注射では効果がでないこともあったり、再施術のタイミングも医師の提案に従うようにしてください。

眠たそうな目と言われる

女医

まぶたが下がってくる理由

普通にしているのにまぶたが下がって眠たそうに見える状態を「眼瞼下垂」と言います。これは、加齢やコンタクトレンズの長期使用によりまぶたを持ち上げる眼瞼挙筋という筋肉の力が低下することで起きる症状です。このような症状がおこると、ものが見えずらくなったり物を見る姿勢が悪くなったりします。また目が細く見えたり、見えにくさから目をしかめたりするため、表情が老けたり曇ったりして見た目の印象も悪くしてしまいます。睡眠不足や疲労によって同じような症状がおこりますが、ほとんどの場合は体調の回復とともに症状は無くなります。原因の改善で症状が解消せず慢性的に症状が続く場合は、アンチエイジング目的で美容外科手術による治療を行うことも可能になっています。

まぶたを持ち上げる手術

見た目の印象を悪くし、ものを見えにくくする眼瞼下垂は、治療によって症状を解消することが可能です。その眼瞼下垂の治療で良く行われるのは、たるんだ眼瞼挙筋やそこに繋がる腱を詰めて再びまぶたに固定するというものです。ようは余分なたるみを取って繋ぎ直すというイメージです。それ以外には眉を動かす筋肉と糸でつないで持ち上げる方法や、メスを使わず糸で筋の一部を縫い縮める切らない治療というものもあります。それぞれの治療法に向く症状、向かない症状や副作用などがあるので、専門のクリニックで十分な診察を受けたうえで、自分の希望も合わせ納得がいくまで検討したうえで治療に臨んでください。まぶたは構造が複雑で腫れを起こしやすいデリケートな部分ですので、眼瞼下垂の治療には慎重を期すようにしましょう。

安全なのに即効性抜群

注射を持つ人

大阪のクリニックで需要が高いヒアルロン酸注入は、即効性抜群です。しわ取りや関節炎の治療のためにヒアルロン酸注入を行うと、すぐに効き目を実感することができます。しかもヒアルロン酸は元々人間の体内に存在している成分なので、アレルギーや副作用の心配もほとんどなく、安全性が高いのも特徴の1つです。