切らないアンチエイジング|早期治療で眼瞼下垂を治す|クリニックで診断してもらう

早期治療で眼瞼下垂を治す|クリニックで診断してもらう

切らないアンチエイジング

女性たち

注射をして若返りができる

切らないたるみ治療は、人気の高いアンチエイジング法です。昔なら手術をして取り除いていたたるみを、今は簡単な治療で改善できます。手術をしないぶんリスクが少なく、誰にもバレずにアンチエイジングできるのが、切らないたるみ治療の魅力です。痛みや出血などもなく、カウンセリング当時日帰りで受けられます。目の下のたるみも、メス不要の治療で治せます。たるみを取るには、自分の脂肪やコラーゲンを注入する方法があります。自分自身の細胞を使用するので副作用や合併症などは皆無です。目の下に注入すると、細胞に含まれる成長因子の働きで肌が若返ります。目の下のたるみや目尻のちりめんジワを、手術なしで解消するのに効果的な治療です。

留意すること

目の下のたるみを取る治療は、注射をするだけなので簡単です。しかし、簡単ではありますが、留意することもあります。脂肪やコラーゲンを注入する治療はしばらく腫れが続きます。また、内出血が現れることもあります。個人差はありますが、腫れや内出血が引くのは約一週間経過してからです。基本的に血行が良くなると腫れが悪化します。そのため、治療した当日から一週間程度は、入浴、サウナ、激しい運動などを控える必要があります。痛みはほとんどないですが、痛いようなら鎮痛剤を飲めば和らぎます。また、治療から一週間はコンタクトレンズは控え、眼鏡で過ごす必要があります。普段コンタクトレンズをしている人は、治療当日眼鏡を持参することをお勧めします。